店舗にAEDを導入するなら専門の販売会社を利用しよう

女の人
ハート

きちんと見極める

AEDは広く普及が始まり、人命救助に大きく貢献しています。一方で、その設置基準が決められているのはご存じでしょうか。対象となる施設を持つ場合は、設置義務を果たすために販売会社から購入する必要があります。

スーツ姿の人達

比較検討が重要

AEDを導入する際は販売会社の比較検討は重要です。価格競争、サービス競争が激化している昨今、どの様な価格帯で、どの様なサービスを提供している販売会社を選ぶのかが大切です。しっかりと比較検討を行なってお得に賢く利用する様にしましょう。

ウーマン

手間が無いのがメリット

AEDを販売会社で購入するメリットは保守、メンテナンスのサービスを受ける事が出来る点にあります。常に安全に使用する為にはメンテナンスは欠かせないものとなりますが、販売会社側ではそれらのメンテナンスを行なってくれるのが一般的となっているので手間無く利用が行えます。

購入かレンタルか

婦人

長期利用は購入の方が安い

ED(Automated External Defibrillator)は、最近、駅構内や公共施設、会社の事務所、人が集まる商業施設などといろいろな場所で目にします。AEDは救命のための医療機器で、心臓発作などで心臓が停止した状態になった場合、電気ショックを与えることで心臓の働きを正常に戻すために使われます。心停止の場合、一秒でも早い処置により救命確率が飛躍的に向上することが分かっています。身近にAEDが設置してあると、早期の処置が可能となり、処置が遅れて失われてきた命が救われるようになってきました。AEDの設置においては、なるべく設置経費を低コストに抑えられるという点が検討する上で重要なポイントとなります。販売会社からの導入の方法には、大きく分けて購入とレンタルがあります。販売会社から購入する場合は、購入機種の選定の自由度が高く、目的に合った機種を選ぶことが容易となります。1台当たりのコストは、レンタルより安くなりますが、初期投資額は大きくなり、メンテナンス費用も利用者負担となります。しかし、初期投資費用は、減価償却として導入後数年にわたり費用として計上できるのでトータルでは、費用は少なく抑えることができます。販売会社で扱う商品の種類については、電極パッド(大人用、子供用、両用)・バッテリー(寿命2〜5年)・設置方法(自立式、壁掛け式)・レスキューセットの有無などのバリエーションがありますので、予算に併せて選択することができます。販売会社からの購入とレンタルについては、それぞれ特徴があります。貴社の経営や資金繰り状況により、初期投資や維持経費への考え方は違いますので、どちらを選択するかは利用者の判断によります。一般的にはAEDの設置期間は長くなるので、購入の方月額換算利用料は安くなる場合が多く、メリットがあると考えられます。