店舗にAEDを導入するなら専門の販売会社を利用しよう

男性
  1. ホーム
  2. 比較検討が重要

比較検討が重要

スーツ姿の人達

商品サービスに差あり

AEDは市役所などの自治体であれば市民の安全を守る対策に繋がります。また、一般企業においても導入を進める事で企業の社会貢献が認められ、社会や株主からの評価が高まるというメリットもあります。AEDには単に人命を救助するだけでは無い間接的なメリットもあるのです。また、AEDの導入にあたっては販売会社の比較は重要となります。販売会社によって取り扱うAEDのバリエーションが異なるだけで無く、サービス内容も異なって来ます。AEDは常に安心して利用が行える様にメンテナンスをしっかりと行わなければなりません。導入する企業、自治体が手間なくメンテナンスが行える様に販売会社では保守、メンテナンスを販売時にセットで提供しているのです。消耗品の無償交換、訪問メンテナンス、更には導入先に足を運んで講習会までを行う販売会社もあります。また、AED業者によって単純な販売だけで無く、レンタルという形で取り扱うケースもあるなど、導入先のニーズに合わせて細かく選択が行える様になっています。キャッシュフローに余裕が無い、経費で上手く節税をしたいというケースにも柔軟に対応が出来るのです。AEDが一般に開放された2004年から着実に導入実績は増え、10年の間で60万台以上が公共施設などに配備されている状況もあり、AEDに対するニーズが高まった事で価格競争、サービス競争も日々、激化しています。導入検討の方はしっかりと比較検討を行なって、賢くお得に利用を行う様にしましょう。