店舗にAEDを導入するなら専門の販売会社を利用しよう

男性
  1. ホーム
  2. 手間が無いのがメリット

手間が無いのがメリット

ウーマン

耐用年数経過後も安心です

AEDを導入する際、販売会社を介するメリットは保守サービスを受けられるという点にあります。安定した稼働が大前提となるAEDにおいて、定期的なメンテナンスが行われるか否かは非常に重要な要素となります。AEDの安定した稼働の為にはバッテリーが正常に機能しているか、残量はどの程度か、更には電極パッドの使用期限が切れていないかなど気にすべきポイントは数多くあるのです。AED業界においては、これらを販売会社側で管理、メンテナンスしてくれるのが一般的となっており、導入企業側はレンタル代、リース代を支払う事で煩わしいメンテナンス作業を任せる事が出来るのです。実際、保守、メンテナンスを行うのが一般的ではあるものの、業者間でサービス格差があるのも事実です。その為、販売会社を選定する際はAEDのレンタル、リース代そのものだけで無く、どの様なサービス、サポートが受けられるかが重要となって来ます。24時間対応を行なってくれる販売会社もあれば、代替機を用意してくれる販売会社まで多種多様に存在しています。自社にとって、どの様なサポート体制が利便性が良いのかを考慮して選ぶ様にしましょう。なお、レンタルやリースという形だけで無く、買取という形を採用している販売会社も存在していますが、保守、メンテナンスが付かないケースもありますし、耐用年数経過後には消耗品を自身で調達して交換する必要性も出て来ます。その点、レンタルやリースであれば、レンタル期間と耐用年数がほぼリンクしているので、更新をすれば新しいモデルから選ぶ事が出来ますし、消耗品を気にする必要もありません。